弾性線維「エラスチン」とは?
安全で安心、シンプルな基礎化粧品ラフィーヌ ラフィーヌ化粧品を購入する
弾性線維「エラスチン」とは?

弾性線維「エラスチン」とは?

エラスチンとコラーゲン

エラスチンは動脈(血管)や肺、皮膚、靭帯、臓器などほぼ全身の組織に含まれています。
特に靭帯が一番多く、80%含まれていて、次いで動脈の50%となっています。体を構成しているのがタンパク質の中でもっとも多いのがコラーゲンですが、その次に多いのがエラスチンです。
エラスチンは、弾力性に富んでねじれたゴム紐状で真皮層のコラーゲンを束ね伸縮する働きをします。これを弾性線維といいます。
但し、20歳をピークに30歳代以降急激に減少してしまいます。従いまして、加齢、老化による皮膚の変化で弾性線維の変質は大きな位置を占めていまして、皮膚の弾力やシワの原因はエラスチンの減少といってもいいと思います。

エラスチンの働き

エラスチンの働き

エラスチンはこのコラーゲンの網目状の部分を束ねてスプリングのようなコイル状に巻きついて存在しているのです。
お肌のシワが気になるのは、このエラスチンとコラーゲンの構造が崩れてしまっているからなのです。コラーゲンばかりが注目されていますが実はエラスチンの方が影響しているようです。エラスチンは、コラーゲンを支えるスプリングの様な働きをしていますのでエラスチンが不足することによってコラーゲンを支えることが出来なくなり、その影響で肌の弾力がなくなてしまいシワやたるみの原因へと繋がっているのです。